メニュー

性感染症(性病)

異性間でも同性間でも、性行為(オーラルのみも含む)によって、細菌やウイルスが感染するものを性感染症(性病)といいます。性感染症で重要なことは、自分のみの問題ではなく大切なパートナーにも感染させてしまいかねないということです。そして、性感染症によって不妊の原因になりうるということも忘れてはなりません。性感染症を疑う症状が出ていればわ受診のきっかけにもなりますが、中には症状が全く無いものもあります。思い当たる行為があった際や身の潔白を証明したいなどの際には、症状の有無に関わらず検査することをお勧め致します。

また、陰部に症状があるものが全て性感染症とは限りません。一般的な皮膚科や内科の病気のことであることも少なくありません。しかし、その判断はご自身では難しいと思いますので、性感染症ではないことを確認して安心するためにも当院をご利用ください。男性の皆様の受診、心よりお待ちしております。

他院や自己検査キットで陽性となった方も気軽にご来院ください。ただ、その際には検査結果をプリントアウトもしくはスクリーンショット(検査結果部分のみではなく、検査日時やID番号なども含めて)を必ずご持参ください。持参がない場合は再度検査を受けていただく事になる場合がございます。

play_arrow 症状別 一覧へ play_arrow 病気別 一覧へ

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME