メニュー

クラミジア感染症

クラミジアには3種類あります。オウム病という病気の原因となるクラミジア・シッタシー、クラミジア肺炎という病気の原因となるクラミジア・ニューモニア、そして性感染症で問題となるクラミジア・トラコマティスです。クラミジア・トラコマティスは、すべての性感染症の中で世界的にも最も多いものになります。性器同士の接触はもちろんですが、口→性器、性器→口、口→口でも感染します。

感染部位

尿道、咽頭、精巣、結膜

潜伏期間(感染してから症状出るまでの期間)

1~3週間

症状

尿道

排尿時違和感(ムズムズ、不快感)、排尿時痛、透明~白い膿

咽頭

咽頭違和感、咽頭痛

精巣

睾丸の腫れ、睾丸の痛み、微熱

結膜

充血、目やに、眼内違和感

検査

尿検査(迅速検査、精密検査)、うがい検査(精密検査のみ)

※尿検査希望の方は、2時間排尿しない状態で来院して頂くと検査精度が上がります。
※感染機会のあった翌日から検査可能です。

治療

抗生物質の内服

料金

~保険診療~

診察・検査・治療含めて、2000円~4000円
※保険診療では迅速検査は出来ません。

~自費診療~

【検査】
クラミジア(尿)・・・6980円(迅速の場合、9980円)
クラミジア(咽頭)・・・6980円(迅速検査はありません)
クラミジア+淋菌(尿)同時・・・9980円(迅速の場合、18800円)
クラミジア+淋菌(咽頭)同時・・・9980円(迅速検査はありません)

【治療】
抗生物質内服(1回or7日分)・・・7900円

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME