メニュー

フォアダイス・真珠様小丘疹症・包皮腺

フォアダイス・真珠様小丘疹症・包皮腺は性感染症ではありませんが、陰部に発症しうるため性病なのではないかと心配になりやすいものです

フォアダイス

陰茎の腹側(裏側)または側面にできた白~黄褐色のブツブツのことです。 正常であれば毛包に付属する形であるはずの皮脂腺が、毛包とは関係なくできたもの(独立脂腺)です。口唇や頬粘膜にできることもあります。成人男性の約50~60%に見られます。

真珠様陰茎小丘疹

亀頭の縁に沿ってほぼ全周にわたり、周囲の皮膚と同色か少し褐色で1㎜程度の大きさのブツブツがきれいに1列ないし2列に並んだものです。真皮(表皮と皮下組織の間)の血管の増生と線維化からなります。成人男性の約20~30%に見られます。

包皮線

陰茎小帯(陰茎の亀頭と包皮をつなぐ裏筋)の両側にできるブツブツのことです。タイソン腺ともいわれています。このブツブツの正体は、フォアダイスと同じく皮脂腺です。ちょうどこの部分に恥垢が溜まりやすく、不潔になり異臭の原因にもなります。

※上記3つとも「尖圭コンジローマ」と誤診され、無駄な治療をされている方がいらっしゃいます。経験のある医師による正確な診断が必要になります。

治療

治療不要

美容面で気になる場合には形成外科にて外科的切除

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME