メニュー

ベーチェット病

ベーチェット病は性感染症ではありませんが、陰部に発症しうるため性病なのではないかと心配になりやすいものです

ベーチェット病は、繰り返す口内炎、様々な皮膚病変、眼病変、消化器病変、大血管病変、神経病変など多彩な症状を伴う難治性疾患です。その中で、「外陰部潰瘍」が性感染症(梅毒など)と間違えられることがあります。これは特に陰嚢に発症しやすく、境界明瞭な深い潰瘍を形成し、治癒後は瘢痕(大きなカサブタのようなもの)を残します。

治療

コルヒチンという薬や免疫抑制剤が使われます。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME