メニュー

ボーエン様丘疹症

ボーエン様丘疹症は、尖圭コンジローマと同様に、HPV(Human Papilloma Virusヒト乳頭種ウイルス)が性器に感染することで生じる性感染症です。しかし、尖圭コンジローマが低リスクタイプ(6型、11型など)の感染がメインだったのに対し、ボーエン様丘疹症は高リスクタイプ(16型が多く、その他18型、31型、33型など)の感染が原因となります。しかも、長期間放置するとボーエン病(陰部にできるものをケイラー紅色肥厚症と言います)や有棘細胞ガンというガンに伸展していく可能性があります。

潜伏期間(感染してから症状出るまでの期間)

数か月~数年

感染部位

亀頭部~陰茎、陰嚢、肛門周囲

症状

褐色~黒色の扁平状で、多発することもあり。基本的には痛みや痒み無し。

検査

皮膚拭い検査

治療

液体窒素による凍結療法(1~2週間に1回、複数回)
(レーザーなどによる治療法もありますが、当院で出来るのは液体窒素のみです)

料金

~保険診療~

診察・治療含めて、5000円~12000円(2週間に1回のペースで3ヵ月ほど通院した場合の合計額の概算)
※保険診療では検査は出来ません。

~自費診療~

【検査】
拭い検査(皮膚)・・・9980円(高リスクのみ) or 17980円(低リスク&高リスク)

【治療】
液体窒素による凍結療法(1回)・・・4200円

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME