メニュー

亀頭包皮炎

亀頭包皮炎とは、亀頭や包皮に炎症があるものを総称したものです。性感染症の場合もありますが、多くが性感染症ではありません。①刺激によるもの、②疲労・ストレスによるもの、③細菌感染によるもの、④カンジダによるもの、⑤その他一般皮膚疾患によるもの、の5つに分類できます。頻度もおおよそ、この順番通りとなっております。

潜伏期間(感染やきっかけがあってから症状出るまでの期間)

①刺激によるもの・・・直後から
②疲労・ストレスによるもの・・・2~3日
③細菌感染によるもの・・・2~5日
④カンジダによるもの・・・2~7日
⑤その一般皮膚疾患によるもの・・・不定

感染部位

亀頭、冠状溝、包皮

症状

赤み、びらん、かゆみ、白いカス、膿の付着など

検査

皮膚拭い検査(カンジダのみ迅速検査可能)
※感染機会、またはその他のきっかけのあった翌日から検査可能です。

治療

外用薬

料金

~保険診療~

診察・検査・治療含めて、3000円~5000円

~自費診療~

【検査】
皮膚拭い検査・・・6980円(カンジダのみ迅速検査 4900円)

【治療】
外用薬・・・4900円

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME