メニュー

固定薬疹

固定薬疹は性感染症ではありませんが、陰部に発症しうるため性病なのではないかと心配になりやすいものです

ある薬(アセトアミノフェンなどの解熱鎮痛剤、テトラサイクリン系抗生物質、総合感冒薬など)を飲んでから数分~数時間経つと、いつも同じ部位にかゆみや刺激感を伴う紅色の円形の皮疹が出て色素沈着を残す特殊な薬疹です。口周りや手足、そして陰部に生じやすいです。

治療

原因薬剤の使用中止

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME