メニュー

性病性リンパ肉芽腫(鼠径リンパ肉芽腫)

性病性リンパ肉芽腫(鼠径リンパ肉芽腫)は、クラミジアによる性感染症です。日本では稀であり、熱帯地域での感染が多くなっております。

潜伏期間(感染してから症状出るまでの期間)

1~2週間

感染部位

陰部、肛門部、鼠径部

症状

第1期

陰部や肛門部に1㎜大のぶつぶつが単発。症状はなく、気付かないうちに消失する。

第2期

第1期から1~4週間後に発熱や肝臓の腫れなどとともに、鼠径リンパ節(足の付け根のリンパ節)も腫れ、痛みを伴い、自潰排膿(破れて膿が出る)をするようになる。

第3期

発症から数年経過後、陰部が大きく腫れ、象の皮膚のようになり、尿道や直腸が狭窄きたしうる。(エスチオメーヌ現象)

検査

膿からの培養検査、遺伝子検査など

治療

抗生物質の内服

料金

~保険診療~

診察・検査・治療含めて、2000円~4000円

~自費診療~

【検査】
皮膚拭い検査・・・6980円

【治療】
抗生物質内服(1回or7日分)・・・7900円

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME