メニュー

赤痢アメーバ症

赤痢アメーバ症とは、赤痢アメーバ(Entamoeba histolytica)という原虫よる感染症です。糞便中に排出されるため、感染経路は糞口感染となります。つまり、肛門を舐めたり、肛門に触れた手指で口に触れることによって感染が成立します。一方、不衛生な環境下では赤痢アメーバに汚染された水や食物も存在し、それを摂取することによっても感染は成立(経口感染)するため、この場合は性感染症ではありません。性感染症としては、MSM(Men who have Sex with Men:男性同性愛者)で流行しやすいことがわかっております。

潜伏期間(感染してから症状出るまでの期間)

2週間~数年

感染部位

大腸、肝臓、(稀に心臓、肺、脳、皮膚など)

症状

大腸

下痢、粘血便(イチゴゼリー状)、排便時下腹部痛などを数週間の間隔で寛解と増悪を繰り返す

肝臓

発熱、上腹部痛(特に右上)、大量の寝汗など。

検査

便検査(当院では出来ません)

治療

抗原虫薬の内服

料金

~保険診療~

診察・治療(検査は出来ません)含めて、2500円~3500円
※当院で保険診療で赤痢アメーバ症の診察・治療を行う場合は、他施設での便の検査結果を持参された方に限ります。

~自費診療~

【検査】
当院では検査はできません。

【治療】
抗原虫薬の内服(10日分)・・・9800円
抗原虫薬の高用量内服(3回分)・・・22900円

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME