メニュー

A型肝炎

A型肝炎はHAV(A型肝炎ウイルス)による性感染症です。HAVは糞便中に排出されるため、感染経路は糞口感染となります。つまり、肛門を舐めたり、肛門に触れた手指で口に触れることによって感染が成立します。一方、下水処理過程が不十分な衛生状態がよくない環境では、HAVに汚染された水や食物も存在し、それを摂取することによっても感染は成立(経口感染)するため、この場合は性感染症ではありません。性感染症としては、MSM(Men who have Sex with Men:男性同性愛者)で流行しやすいことがわかっております。

潜伏期間(感染してから症状出るまでの期間)

15~50日(平均28日)

感染部位

口→胃・小腸→肝臓→胆汁→大便

症状

インフルエンザ様症状(発熱、悪寒、頭痛、筋肉痛、吐き気・嘔吐など)

↓ 1~7日後

灰白色便、暗色尿、黄疸(眼球や皮膚が黄色くなる)

↓ 3週間前後

症状は消失

検査

血液検査

※感染機会があってから2週間以上(ただし、潜伏期間が2週間以上なので症状出ていれば検査タイミングとして問題無し)

治療

対症療法(解熱鎮痛剤など)のみ

料金

~保険診療~

診察・検査・治療含めて、2000円~4000円

~自費診療~

【検査】
HAV抗体検査(血液)・・・6980円

【治療】
対症療法のみなので、自費診療での治療の設定はしておりません。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME