メニュー

新型コロナウイルス検査について

新型コロナワクチン接種後抗体検査

皆様、新型コロナのワクチンはもう打ちましたでしょうか。ワクチン接種をしても感染したなどという報道もありましたが、実際ワクチンの効果はどうなのか調べてみたいと思ったことはありませんか。
今回、このワクチンの効果の指標となる「中和抗体検査」についてご案内いたします。
現在、主に使用されているワクチンは、ファイザー社とモデルナ社から発売されている「m RNA(メッセンジャーRNA)ワクチン」です。これはウイルスを構成するタンパク質の遺伝子の情報を投与することでこれをもとに体内でウイルスのタンパク質を作り、このタンパク質に対する抗体が作られることで免疫を獲得します。この抗体が「中和抗体」であり、新型コロナワクチンとヒトの細胞が結合する箇所を阻害する抗体で感染や重症化を防ぎます。
抗体検査では特定のタンパク質に対する抗体をどれくらい持ち合わせているかを調べます。その中で、特に重要な抗体はコロナウイルスの中心部に存在するN(ヌクレオカプシド)タンパク質と表面に多数存在している棘状のS(スパイク)タンパク質です。それぞれI gG抗体(N)、I gG抗体(S)と呼ばれ、前者は過去の自然感染歴、後者は中和抗体の程度を表すと言われています。ですので、I gG抗体(S)を測定すれば中和抗体の活性度(つまり、ワクチンの効果)がわかるということになります。ただ、過去の感染でもIgG(S)は上昇するので、完全にワクチンの効果のみを示すというわけではありません。ですが、いずれにせよIgG(S)がしっかりあるかどうかということが重要なので、そこは大きな問題にはなりません。

(アボットジャパン合同会社資料より引用)

中和抗体のデータ色々

    • 抗体価の一応の目安は、4160AU/mlです。しかし、それ以下ならワクチンの効果がないかいうとそういうわけではありません。ただし、50AU/ml未満だと何らかの原因でワクチンの効果が得られておらず、感染や重症化をしやすい状況と考えられます。
    • 1回目のワクチンで中央値(平均値じゃないですよ)が2217AU/ml、2回目のワクチンで中央値(平均値じゃないですよ)が6396AU/mlというデータがあります。(いずれも28日後)
    • ワクチンでのデータではないですが、新型コロナウイルスに感染した人の中和抗体は少なくとも3~6か月続きます。ワクチンもほぼ同じような経過を辿ると考えられます。3回目の接種が必要になりそうですね。
    • 千葉大学病院が約1800人を対象としたワクチン接種後の調査をしており、その中で抗体が付きやすい人とつきにくい人とで下記の違いがあったようです。                                              抗体が付きやすい⇒女性、1回目と2回目の間が長い、抗アレルギー薬内服中                      抗体が付きにくい⇒年齢が高い、ステロイド内服中、飲酒の頻度が高い

中和抗体検査オススメの方々

  • ワクチン接種後にどれくらいの抗体ができているのか調べたい 
  • 副反応がなかったので抗体ができているのか調べたい
  • 1回目のワクチン接種で副反応がかなり強く出て、2回目を回避できるかどうか調べたい
  • 日にちが経つほど抗体が減っていくので現在どのくらい抗体があるか調べたい
  • 海外出張等で抗体検査が必要なので調べたい

抗体検査の注意点

  • 抗体検査のタイミングは、2回目接種後から2週間経過後になります(報告によっては1週間後でも中和抗体は作られているとも言われてますので、早急に調べる必要があるかたは接種後1週間でも大丈夫です)。
  • 血液検査で、結果は3日後になります。メールで結果をお伝えすることも可能です。
  • 仮に抗体価が低くても、追加のワクチン接種はできません。「感染対策をしっかりと行ってください」としか言えません。
  • 新型コロナウイルス感染の症状がある方には検査出来ません。

抗体検査の流れ

  1. WEB問診の「その他」を選択して、相談内容のところに「ワクチン後コロナ抗体検査」を記入します。

    WEB問診はこちら

  2. 来院して問診と採血を行います。

  3. 結果は3日後になりますので、再診していただくか、下記からメールで結果をお伝えすることも可能です。

    検査結果(自費診療のみ)

料金

7500円(診察代込、税込)
※保険はききませんので、自費診療になります。

新型コロナ抗原検査・PCR検査

当院では新型コロナウイルス(COVID-19)の検査ができます。しかし、保険診療では対応していないため、症状あっても無くても自費診療での対応となります。保険診療をご希望の方は、保険診療で対応している医療機関への受診をお願いしております。

新型コロナウイルスの検査には、抗原検査唾液PCR検査の2つの検査方法があります。抗原検査は、ご自身でマスクをつけたまま綿棒を鼻の中でコチョコチョしていただきます。唾液PCR検査は、その名の通り唾液を採取します。抗原検査は15分で結果判明しますが、唾液PCR検査と比べると精度が落ちます。唾液PCR検査は精度は高いですが、結果判明が翌日の夕方になります。

  抗原検査 唾液PCR検査
検査方法 マスクをしてご自身で綿棒を鼻にいれてコチョコチョする 唾液を容器に溜める
結果判明 15分後 翌日の夕方
精度 高くはない けっこう高い

料金(診察代込み、消費税込み)

  • 抗原検査 15000円
  • 唾液PCR検査 40000円
  • 抗体キット検査 5500円 ← 値下げしました!

※希望者は、解熱鎮痛剤(アセトアミノフェン500㎎10錠分)処方と診断書作成も可能です。

  • 解熱鎮痛剤 2000円
  • 診断書 1000円

 

受診方法

平日10時00分~18時30分、土曜日13時00分~17時30分、日祝11時00分~15時30分の間にお電話(03-5577-5472をしていただければと思います。お電話なく突然ご来院されると、特に症状がある場合は対応をお断りする場合もございますので、皆様のご協力のほど宜しくお願い致します。

企業様、団体様の検査も受け付けております。

他院での検査を断られた方も可能な限り対応できるよう調整致しますので、いずれにせよまずはお電話03-5577-5472をお待ちしております。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME