男性専門の総合医療 |
神田駅から徒歩1分の性感染症(性病)、美容医療、男性特有疾患

03-5577-5472 オンライン予約

睡眠時無呼吸症候群(SAS)

こんな症状はありませんか

〇就寝中

  • 大きないびきをかいている、または指摘される
  • 急に呼吸が止まる
  • むせる
  • 途中で目が覚める
  • 寝ている間に2回以上トイレに行きたく目が覚める
  • 寝汗が多い

〇起床時

  • 口が渇いている
  • 頭痛、頭重感がある
  • 熟眠感がない

〇日中

  • 運転中や会議中にすぐに眠くなる
  • 倦怠感、疲労感をいつも感じている
  • 集中力が続かない
  • ED(勃起不全)がある

睡眠時無呼吸症候群(SAS:Sleep Apnea Syndrome)とは

睡眠中に無呼吸や低呼吸を繰り返すことで、様々な合併症を引き起こす病気です。寝ている本人は気づいていなくても、寝ている間に脳や体に大きな負担がかかっています。その結果、日中に強い眠気や倦怠感、集中力の低下が引き起こされ、仕事や様々な活動に支障をきたすようになります。

疫学

成人男性の約3~7%、女性の約2~5%にみられます。男性では40歳~50歳代が半数以上を占める一方で、女性では閉経後に増加します。

原因

空気の通り道である上気道が狭くなることが原因です。首まわりの脂肪の沈着が多いと上気道は狭くなりやすく、肥満はSASと深く関係しています。また、肥満でなくても扁桃や舌が大きいこと、鼻炎・鼻中隔弯曲といった鼻の病気、生まれつきのあごの後退や小さいあごもSASの原因となります。

診断

問診などでSASが疑われる場合は、簡易検査(PG検査)や精密検査(PSG検査)にて睡眠中の呼吸状態の評価を行います。1時間あたりの無呼吸と低呼吸を合わせた回数である無呼吸低呼吸指数(AHI:Apnea Hypopnea Index)が5以上であり、かつ上記の症状を伴う際にSASと診断します。

<重症度>

重症度 AHI
軽症 5~15
中等症 15~30
重症 30以上

治療

AHIが20以上で日中の眠気などを認めるSASでは、経鼻的持続陽圧呼吸療法(CPAP:Continuous Positive Airway Pressure)が標準的治療とされています。CPAPはマスクを介して持続的に空気を送ることで、狭くなっている気道を広げる治療法です。また、下あごを前方に移動させる口腔内装置(マウスピース)を使用して治療することもあります。小児のSASではアデノイド・口蓋扁桃肥大が原因であることが多く、その際はアデノイド・口蓋扁桃摘出術が有効です。

当院ではCPAPの治療が中心であり、それ以外の治療が適用と判断した場合には適切な医療機関に紹介させていただきます。

生活上の注意

・睡眠中の体位の工夫

仰向けに寝ると気道が狭くなりやすくなります。そうならないように、枕などを利用して体を横向きにしたまま寝るように工夫してみると症状がよくなることがあります。

・適正体重の維持

太りすぎないことが重要です。喉や首まわりの脂肪沈着が発症に大きく関与します。

・お酒に注意

アルコールによって筋肉が弛緩するため、首や喉まわり、上気道を支える筋肉も緩みます。 そのため気道の閉塞を引き起こしやすくします。

予後

成人SASでは高血圧、脳卒中、心筋梗塞などを引き起こす危険性が約3~4倍高くなり、特に、AHI30以上の重症例では心血管系疾患発症の危険性が約5倍にもなります。しかし、CPAP治療によって健常人と同等まで死亡率を低下させることが明らかになっています。

当院でのSAS診療の流れ

① 当院のHPからWEB問診に回答

② 問診してSASの疑いがあるかどうかを確認

③ SASの疑いがある場合には、まずは簡易検査(PG検査)を自宅にて実施(下記の動画を参照してください)


④ AHI≧40であればCPAP治療適用、AHI<40であれば精密検査(PSG検査)を自宅で実施(下記の動画を参照してください)


⑤ 精密検査(PSG検査)でAHI≧20であればCPAP治療適用


⑥ 1~2か月に1回オンライン受診して治療効果やデータを確認

※マウスピース治療や手術が必要な場合、それらが可能な医療機関に紹介いたします。
※今までは精密検査(PSG検査)は入院が必要でしたが、当院では全て自宅で検査できます。