男性専門の総合医療 |
神田駅から徒歩1分の性感染症(性病)、美容医療、男性特有疾患

03-5577-5472 オンライン予約

精液迅速検査

当院の精液迅速検査は、SQA-iOという機械で、Medical Electronic Systems(イスラエルの会社)のものを採用しております。この機械は約15分で結果が判明する優れものです。精液は射精した瞬間からすぐに活性が弱まっていくため、検査実施するまでのタイミングが早ければ早いほど正確な数値に近づきます。そのため、当院では精液提出後速やかに院内で検査を実施しております。また、結果に関する項目も14項目と多く、精液の状態を詳細に把握できる点も特徴になっております。

精液検査の流れ

検査を受けられる前の禁欲期間は2~4日間が理想的です。

①予約

予約はこちら

②来院

予約時間になりましたら来院し、診察を行った後、検査用のキットをお渡しします。

採精

当院には採精室はございませんので、自宅やDVD鑑賞店などで採精してください。採精しましたら1時間以内に当院にご持参ください。提出時は予約不要です。

検査結果説明

精液提出後、約15分程度で検査結果が出ますので、待合室でお待ちください。

検査結果を診察室にて説明いたします。

精液迅速検査項目&基準値

WHOのガイドライン(2010年)に準拠しております。

  • 精液量:1.5ml以上
  • 白血球濃度:100万/ml未満
  • pH:7.2以上
  • 精子濃度:1500万/ml以上
  • 精子運動率:40%以上
  • 前進運動率:32%以上
  • 非前進運動率:68%未満
  • 不動率:60%未満
  • 正常形態率:4%以上
  • 運動精子濃度:600万/ml以上
  • 前進運動精子濃度:480万/ml以上
  • SMI(Sperm Motility Index):80以上(※)
  • 1射精あたりの精子数:3900万以上
  • 1射精あたりの運動精子数:1560万以上

(※)SMIとは、精子運動性指数といって、まっすぐ進む精子の濃度と精子の動くスピードから機械が自動的に数値化した指数。妊娠率やART(生殖補助医療、つまり人工授精や体外受精など)による受精率と相関がみられ、SMIが高いほどこれらの成功率が高くなる。

上記の基準値は絶対的なものではありませんが、基準値以下だと妊娠しづらくなります。もし基準値以下の場合は、生活指導するとともに、抗酸化剤・亜鉛・漢方薬などの内服や陰嚢の冷却シートの使用を推奨しております。しかし、造精には遺伝的要素もあるため、それらで改善しない場合には専門施設へ紹介させていただきます。

また、他院で無精子症の診断をすでに受けている方は、当院では対応出来ませんので、直接専門施設への受診をお願いします。

料金

検査料金

19800円(初回診察代含む)

治療薬

抗酸化薬(1ヶ月分) 10900円
亜鉛製剤(1ヶ月分) 3900円
漢方薬(1ヶ月分) 2800円
陰嚢冷却シート(1袋4枚入り) 1950円