メニュー

診療内容

保険診療と保険外診療(自費診療)について

当院では、性感染症(一部除く)、一般内科、一般皮膚科は、保険診療で検査・治療ができます。そもそも保険診療と自費診療の違いは何なのかについて、下記の表にまとめました。

  メリット デメリット
保険診療 金額が安い(3割負担)

・患者さん個人個人に合わせた検査治療のアレンジが出来ない

・「医療費のお知らせ」などによって、家族や会社にバレる可能性が高まる

自費診療

・患者さん個人個人に合わせた検査治療のアレンジが出来る

・「医療費のお知らせ」など無いので家族や会社にバレる可能性が低い

金額が高い(10割負担)

保険診療を希望する際には健康保険証の提示が必要になりますので、忘れずにご持参ください。また、性感染症の検査・治療など保険診療で出来るものを、あえて自費診療にて検査・治療を行うことも出来ますので、その際には受付で一声おかけください。

また、自費診療では院内処方となっており、近隣薬局に行かずにお薬をお渡しすることができます。

泌尿器科

当院の泌尿器科は、性感染症、ED(勃起不全)、精液検査、LOH症候群(男性更年期障害)の診療を行っております。腎臓、膀胱、前立腺、尿路結石などの一般泌尿器科診療は一部(急性膀胱炎、慢性前立腺炎)を除いて行っておりません。

性感染症(性病)

異性間でも同性間でも、性行為(オーラルのみも含む)によって、細菌やウイルスが感染するものを性感染症(性病)といいます。性感染症で重要なことは、自分のみの問題ではなく大切なパートナーにも感染させてしまいかねないということです。そして、性感染症によって不妊の原因になりうるということも忘れてはなりません。性感染症を疑う症状が出ていれば受診のきっかけにもなりますが、中には症状が全く無いものもあります。思い当たる行為があった際や身の潔白を証明したいなどの際には、症状の有無に関わらず検査することをお勧め致します。

各種検査・治療の料金に関しては、料金表をご覧ください。

ED(Erectile Dysfunction:勃起不全)

ED とは、「Erectile Dysfunction」の略であり、日本語では「勃起不全」と訳されます。しかし、まったく勃起が起こらないケースに限らず、硬さや維持が不十分であったり中折れや途中で萎えてしまって、「満足な性交が行えない状態」と定義されています。

EDの患者数は全国で、軽症も含めると約1500万人と推定されており、実は珍しい疾患ではなく、誰にでも起こりうる問題です。さらに近年では、仕事のストレスや職場や家庭内の人間関係のいざこざ、また、動画サイトなど2次元の世界へのアクセスが容易で内容も充実しており、生身の人と面と向かってコミュニケーションをとる機会が減少していることなどを背景にED患者数は増加の一途をたどっています。かつては中年以上の方が大半だったEDですが、上記のような理由から20代や30代の若年層の患者数も増加してきております。

いざという時に勃起できないというのは、男性にとっては非常に重要な問題です。一度でもそういった状態を経験すると、それ以降自信がなくなってしまい、その状態で性行為に挑もうとしてもさらに勃起しづらくなってしまい、性行為そのものを避けるようになってしまいます。

当院では、そのような悩みを抱えた男性に対して、アットホームな雰囲気かつ丁寧でわかりやすい、また、プライバシーへの配慮を徹底した診療を心がけております。

以下に、当院で扱っているED治療薬の違いがわかる表を用意しました。

img-1

どのED薬も1錠から購入可能です。また、当院でED治療をはじめて行う方で各種類試してみたい方には、初回の方限定のお得なセットもございます。ぜひ、ご利用ください。

料金や初回限定セットの内容については、料金表をご覧ください。

精液検査

不妊症の約50%(つまり半数)は、男性側に原因があると言われております。その中で、最も多い原因が「造精機能障害」です。つまり、精子が作れない、または作れても精子量が少なかったり、活発な精子が作れないというものです。そこで、男性側の原因検索をする際の最初の検査が精液検査になります。精液検査は不妊治療専門施設で検査できますが、そういった施設の多くがレディースクリニック(婦人科)であり、女性ばかりの待合室で肩身が狭い思いをすることになってしまいます。しかし、当院のように男性専門のクリニックであれば、待合室には男性しかいないので気兼ねなく精液検査を受けることができます。

精液検査の流れ
  1. まずは、当院へ来院していただき、検査用のキットをお渡しします
  2. 当院には採精室はございませんので、自宅やDVD鑑賞店などで採精してください
  3. 採精しましたら、1時間以内に当院にご持参ください
  4. 約3日後に検査結果が出ますので、以下のいずれかの方法で確認してみてください
    ・来院(診察室で医師が結果についての説明致します)
    ・メール(info@kanda-cl.com
    ・郵送(最初の来院時に、宛名の記載と郵送料500円をお支払いいただきます)
男性更年期障害(LOH症候群)

女性の更年期障害はよく知られておりますが、実は男性にも更年期障害は存在します。女性の場合、閉経に伴う女性ホルモンの減少で、イライラ、ほてり(ホットフラッシュ)、疲労感、多汗などの症状が出現します。男性の場合は、「疲れやすい、意欲が出ない、イライラする、寝れない、性欲がない、勃起しづらい、手足の関節が痛む」などの症状が、男性ホルモンが年齢とともに減少することで出現してきます。近年では、そういった男性ホルモンの低下による症状を、LOH(Late-Onset Hypogonadism:加齢男性性腺機能低下)症候群と名付け、積極的に診療対象としていこうと注目を集めております。

年齢とともに男性ホルモンが低下するのはごく自然なプロセスです。しかし、それに職場や生活環境の大きなストレスが加わることで、男性ホルモンのさらなる低下や全身の生理機能や精神活動に影響を及ぼすと考えられます。なりやすいタイプとしては、真面目で几帳面な方、またストレスをためやすい方といえます。
保険診療で検査治療をしている医療機関もございます。しかし、保険診療では検査内容に不足があったり、治療方法(注射療法)も効果が一過性で不安定のため、当院では自費診療で検査治療とさせていただいております。

<検査方法>

血液検査で遊離テストステロン(男性ホルモン)を測定しますが、テストステロンは起床時から午前11時頃までがピークとなるので、午前中に採血しなくてはなりません。午後に採血すると、見かけ上低く測定されてしまいますので、午前中に受診されますようお願いします。

<治療方法> 

もし遊離テストステロンの値が低くテストステロンを補充しても問題ない状態であれば、テストステロンを補充療法を行います。保険診療では筋肉注射のみとなりますが、筋肉注射では2~3週間に1回のペースで受診して注射をしないといけないですし、注射したテストステロンの体内濃度が不安定になりやすいため、当院では自費診療による外用薬(塗り薬)によるテストステロンを補充療法を行います。その他、漢方薬やプラセンタ注射による治療方法もございます。

<料金(料金表もご参照ください)>
検査料金 6980円(遊離テストステロン値のみ)
5980円(男性ホルモン補充療法が可能かどうかを調べる検査)
11900円(上記2つを合わせた検査)
治療薬 外用薬1本4900~22000円(濃度によって違いあり)
漢方薬4週間分2800円
プラセンタ注射1回1190円~3390円

一般的内科

<当院で対応可能な病気>

風邪(急性上気道炎、急性気管支炎、急性副鼻腔炎、急性扁桃炎etc)、インフルエンザ、生活習慣病(高血圧、脂質異常症、糖尿病、痛風・高尿酸血症)、花粉症(アレルギー性鼻炎)、咳喘息、胃腸炎、急性胃炎、慢性胃炎、過敏性腸症候群、片頭痛、緊張性頭痛、逆流性食道炎、貧血など。

<当院で対応可能な検査> 
  • 血液検査
  • 尿検査
  • インフルエンザ迅速検査
  • 溶連菌迅速検査
  • アデノウィルス迅速検査
<当院で対応できない検査>
  • 心電図
  • 胸部レントゲン
  • 胸部CT検査、
  • 超音波検査
  • 内視鏡検査

重症度が高く専門的治療が必要と判断した場合には、紹介状を作成して適切な医療施設へご紹介させていた
だきます。

「他院で治療をしているが、薬がもうすぐ無くなる」または、「薬が無くなってるけど忙しくて地元のかかりつけのクリニックを受診できない」などの方のために、内服している薬名がわかれば(あやふやな記憶でも大丈夫です!)追加分を処方することも出来ます。また、会社や自治体の健康診断で「医療機関を受診してください」と指摘された方も気軽に受診していただければと思います。

一般皮膚科

<当院で対応可能な病気>

ニキビ、アトピー、湿疹、じんましん、水虫、イボ(魚の目、たこ、ウイルス性)、口唇ヘルペス、帯状疱疹、あせも、日焼け、かぶれ、脂漏性皮膚炎、円形脱毛症、虫刺され、口内炎など

<当院で対応可能な検査・処置>
  • 血液検査(アレルギー検査 View39)
  • KOH検査(水虫)
  • 液体窒素処置(ウイルス性イボ、尖圭コンジローマetc)
  • 削り処置(ウオノメ、タコetc)
<当院で対応できない検査・処置>
  • 皮膚生検(皮膚の一部を切除して染色して顕微鏡で調べる検査)、
  • パッチテスト(金属、化粧品、医薬品などの皮膚アレルギー検査)
  • ダーモスコピー(拡大鏡による癌の有無を調べる検査)
  • 手術(巻き爪、粉瘤etc)
  • レーザー処置(炭酸ガスレーザー、Qスイッチレーザーetc)も行っておりません。

重症度が高く専門的治療が必要と判断した場合には、紹介状を作成して適切な医療施設へご紹介させていただきます。
 
「他院で治療をしているが、薬がもうすぐ無くなる」または、「薬が無くなってるけど忙しくて地元のかかりつけのクリニックを受診できない」などの方のために、外用・内服している薬名がわかれば(あやふやな記憶でも大丈夫です!)追加分を処方することも出来ます。また、「水虫だと自己判断して市販の抗真菌外用薬使っているけど、なかなか治らない」、「足の魚の目が気になって手で触っていたら手にもできた」、「皮膚は皮膚だが、気になる場所が陰部だ」など、日常生活においてなんとなく皮膚で気になることがあった際には、ぜひ一度当院を受診していただければと思います。

美容皮膚科

AGA(男性型脱毛症)

AGAとはAndroGentic Alopeciaの略で、男性型脱毛症のことです。最近は、テレビCMなどでもよく目にするのでご存知の方は多いかと思われます。AGAは、 思春期以降、急激に増える男性ホルモンの影響により、前頭部から頭頂部にかけての髪が「軟らかく、細く、短く」なり、頭頂部の頭皮が目立ってきたり、生え際の後退などがみられる病気です。日本人男性の3人に1人がAGAになると言われ、20代から進行していきます。
当院では、下記の内服薬と外用薬を処方することができます。また、治療開始前にAGA遺伝子検査を受けることで、AGAの原因(遺伝なのか、環境なのか)がある程度わかったり、より効果のある治療薬を選択することができます。
料金は料金表もご参照ください。

【AGA治療薬】
  • プロペシア1㎎(MSD)
    AGA治療において最もスタンダードな内服薬です。DHT(脱毛の原因となる男性ホルモン)の合成を抑えます。
    <料金>
    1箱(28錠入り) 8090円
    1箱(140錠入り) 38900円
  • フィナステリド1㎎(東和薬品)
    プロペシアのジェネリックです。効果はプロペシアと変わりません。
    <料金>
    1箱(28錠入り) 4900円
    5箱(140錠) 22900円
  • ザガーロ0.5㎎(GSK)
    フィナステリドよりも強力にDHT(脱毛の原因となる男性ホルモン)の合成を抑えます。
    <料金>
    30錠 9790円
    150錠 46800円
  • ミノキシジルローション15%
    ミノキシジルタブレットの塗り薬バージョンです。市販薬でもリアップX5やスカルプDメディカルミノキ5などがありますが、それらはミノキシジルの濃度が5%です。当院で取り扱っているのは15%のもので、より発毛が見られやすくなります。
    <料金>
    1本 12900円
  • アロビックス外用液5%
    血流を促進し毛根の毛乳頭細胞を活性化し、発毛を促す働きがあります。
    <料金>
    1本 1500円
    5本 6000円
【AGA遺伝子検査】

遺伝的にAGAになりやすいタイプなのか否か、また、フィナステリドが効きやすいのか否かがわかります。検査の方法は、頬の内側の粘膜を綿棒で拭っていただくだけです。約1ヵ月後に結果がわかります。
<料金>
17800円

当院では、上記の内服薬や外用薬を使用し、定期的に頭皮の写真を撮りながら効果を比較検討していきます。お忙しい方は薬の処方のみも可能です。
失った毛髪を取り戻して、人生の成功を手にしましょう!

医療脱毛

当院では医療脱毛を行うことできます。多くの脱毛クリニックでは部位別・回数別に料金設定がされていると思います。しかし、当院ではお忙しい方や色んな部位を同時に安価に脱毛したい方のために、時間制で脱毛を行っております。
医療脱毛専門クリニックのような豪勢な設備やホームページではございませんが、当院のコンセプトである「男性専門のコンビニクリニック」のもと、ちょっとした隙間時間にお気軽に脱毛して頂ければ幸いです。

<医療脱毛するまでの流れ>
  1. 予約をすると確実ですが、予約無しでも枠が空いていれば脱毛することができます。
    予約方法
    ・予約システム「診療予約」
    バナー-1
    ・電話 03‐5577‐5472(10時30分~19時30分)
    ・メール(info@kanda-cl.com
    脱毛希望部位をあらかじめ剃ってきてください。もし剃り忘れた場合には、当院で剃ることは出来ますが別途料金がかかります。 
  2. 来院して受付して問診票を記載して、医師の診察を受け、問題なければすぐに脱毛開始です。
    (再診の方は、受付で診察券をお渡ししてすぐに脱毛開始です。)
  3. 脱毛終了後、火傷などないか確認してお会計して終了です。
  4. 次回の予約を取って帰ることも出来ます。ただし、同じ部位の脱毛に関しては毛の周期を考えて1ヵ月以上先の日にちの予約をおすすめします。
     
    ※脱毛の施術時に痛みが強かった方には、皮膚表面に塗る麻酔薬をお渡しすることも出来ます。次回、来院する30分前くらいに脱毛希望部分に塗っておくと脱毛時の痛みを軽減できます。
<料金>

医療脱毛・・・5分 4000円  例)15分脱毛したら、4000円×3=12000円
剃毛代・・・1部位 1000円
麻酔の塗り薬・・・1本 1000円
(脱毛後の)抗炎症塗り薬・・・1本 500円

その他

プラセンタ注射

プラセンタ注射は、ヒトの胎盤から抽出した栄養素・成長因子を注射するものです。美白効果や肩こりの改善、ホルモンバランスの調整、肝機能や免疫力向上などの効果みられます。どちらかというと女性がしているイメージがありますが、男性にも上記の効果は認められ、男性更年期障害であるLOH症候群の症状である「疲れやすい、意欲が出ない、イライラする、寝れない、性欲がない、勃起しづらい、手足の関節が痛む」などの症状に対しても有効であることが確認されております。また、2日酔い対策や風邪予防にも効果が期待できます。

<プラセンタ注射の方法>

プラセンタ注射は、腕またはお尻に皮下注射および筋肉注射します。 注射のペースは週1~2回程度が一般的です。なお、各種症状が気になるときだけに使用することも可能です。人にもよりますが、4~5回目の注射以降くらいから効果の実感を得られやすくなってくるでしょう。当院ではラエンネックとメルスモンという2種類(いずれも厚生労働省の認可あり)を取り扱っており、両者に大きな違いはありませんが、強いて言えば下記のような効果が特徴になっております。

  • ラエンネック・・・肝機能改善
  • メルスモン・・・ホルモンバランス改善

ですので、注射当日にどちらのプラセンタ注射をするか、または両者とも注射するかを相談して決めていきたいと思います。

禁煙治療

禁煙治療には、貼り薬と内服薬によるものがあります。以下に、両者の特徴を表にしました。

  貼り薬
(1日1回貼付)
内服薬
(1日2回内服)
ニコチン含有 あり なし
禁煙成功率 2倍 3倍
禁煙開始タイミング スタート時から 内服開始後8日目から
治療期間の目安 8週間 12週間
使用しにくい病気 心臓、脳、血管に病気のある方 精神疾患のある方
重度の腎機能障害のある方
共通の効果 離脱(禁断)症状の抑制
特有の効果 食欲抑制効果により体重増加軽減 喫煙による満足感も抑制喫煙による満足感も抑制
値段(料金表 安い 高い
その他
  • 汗をかきやすい人、スポーツをする人、かぶれやすい人には使いにくい
  • シメチジン(胃酸抑制薬)と併用注意
  • 自動車の運転など危険を伴う機械操作不可

当院では、いずれの方法でも治療ができます。ただし、当院では保険診療での禁煙治療には対応しておらず、自費診療での治療になります。具体的な料金に関しては、料金表をご覧ください。

禁煙して長生きして、人生を楽しみましょう!

<禁煙治療の料金>

[貼り薬]

  • 2週間分・・・6900円

[内服薬]

  • スタートパック(2週間分)・・・8390円 
  • 継続治療用(1箱28錠分)・・・10900円
予防接種

当院では、下記の予防接種を行っております。

  • インフルエンザワクチン(毎年10月以降) 3500円
  • MR(麻疹・風疹)ワクチン 9500円
  • B型肝炎ワクチン 29800円(3回分のワクチンと3回終了して1か月後の抗体検査代含む)
  • HPV(ヒトパピローマウイルス)ワクチン 56800円(3回分)
文書作成

当院では、下記の文書の作成を行っております。

  • 診断書 2900円
  • 診療情報提供書(紹介状) 3490円 ←保険診療で作成する場合は、約830円
  • 不妊検査等助成事業受診等証明書(精液検査)  1490円
  • 精神障害者ではない/麻薬使用者ではない証明書(美容師、調理師etc) 1290円
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME